前へ
次へ

葬儀マナーはキリスト教式にもあります

キリスト教における死という概念を理解しておくことによってキリスト教式の葬儀の考え方を知ることができるようになります。
つまりは、それが葬儀マナーに繋がるということになるでしょう。
現世と別れて新しい神の国に旅立つ契機ということになりますので栄養ある儀式ということになりますので通夜などが行われないのが正式です。
最近で日本の場合においては仏教や神道の影響もあって慣習的にこれらの儀式を行うというようなタイプのキリスト教式も行われてはいますから、その点はそこまでこだわることでもないでしょう。
カトリックとプロテスタントによっても違いがあるのでその部分における儀式のマナーというのを知っておきましょう。
葬儀マナーとして服装というのはあるわけですがキリスト教の式の場合であろうとも別に日本風の喪服でほとんどの場合は問題はありませんので、それを着ていくようにしましょう。
これだけでもしっかりとマナーを守っているということになります。

Page Top