前へ
次へ

葬儀マナーで使えない言葉

告別式では、故人の知人や友人が遺族へ直接挨拶することもあります。
遺族とは直接話しができなくても、受付でお悔やみの言葉を言うことがあります。
こういうときに葬儀マナーが重要になってきます。
例えば「重ね重ね」などという言葉は「不幸が重なる」という意味になるので使ってはいけないことになっています。
「もう一度」「たびたび」なども同様に使ってはいけません。
普段から口癖で言いがちな人は、お悔やみの言葉を暗唱して練習しておき、それ以上よけいなことは話さないようにしましょう。
また、受付に親しい相手がいるとつい話し込みたくなりますが、死因などを聞くのはNG行為です。
公表されていない場合は根掘り葉掘り聞かないで、お悔やみの言葉だけで済ませましょう。
それから、直接的な言葉を使わないことも最低限の葬儀マナーです。
「死んだ」「亡くなった」とは言わず「ご逝去」、「急死」などなら「急なことでした」などぼかして柔らかい言い方で伝えましょう。

Page Top