前へ
次へ

宗教によっても異なる葬儀マナー

日本では仏教が多く布教されているので、葬儀も仏教式で行われることが多いです。
しかし中にはキリスト教式や神道での葬儀もあるので、参列をした経験がない宗教の葬儀に参列をする場合には、葬儀マナーを事前に確認しておいたほうがよいでしょう。
驚くほど葬儀マナーが異なっているので、全く知らない状態で参列をすると困ってしまうかもしれません。
どういう手順で行えばいいのかさえも分からない、ということになってしまいます。
仏教式の場合には焼香を行いますが、神道の場合には榊を捧げるという形になりますし、キリスト教式の場合には花を手向けるということになります。
その手順も規則があったりするので、前の人に倣って行うということを考えていても、よく見えなかったり、自分が一般参列者の中で最初に行わなければいけないという可能性も出てきます。
ですから葬儀マナーは参列をする前に必ずチェックをしておくほうが安心をして見送ることができるようになるでしょう。

Page Top