前へ
次へ

葬儀マナーでもある焼香

葬儀に欠かせない風習といえば焼香がありますが、この焼香が日本に伝わったのは仏教が伝わった初期からあることがわかっています。
焼香の意味では仏の慈悲を讃えるためのものでもあり、香りが人々に蔓延することによって亡くなった人を讃えることができます。
葬儀マナーにも焼香のやり方があり、実は宗派によって違いがあるのを知っておくことで失礼がないようにできます。
基本的には立って焼香をおこなうことが多いのですが、座ってやっていてもマナー違反ではありません。
中にはスムーズに焼香しなくてはいけない場合もありますので、座って次々に済ませることもあります。
回数なども違いがありますが、わからないときには周りの人のやり方を見ながら焼香することもひとつの方法です。
葬儀マナーではもちろんうるさく言われることはありませんが、僧侶の方からやり方を教えてくれる場合もありますので、しっかりと聞いて対処することでマナーを守ることが可能です。

Page Top