前へ
次へ

郵送で香典を送る際の葬儀マナー

いくら頑張っても都合がつかないというようなケースで、お通夜及び告別式のいずれにも参加するのが困難なこともあります。
双方で参列することができないケースには、香典を郵送を用いることで送る方法があります。
郵送によって送るケースでは、郵便の現金書留を活用します。
まず第一に、香典袋を取り揃え、表書きを行ってみましょう。
ここで気を付けるべきなのは、現金そのものを現金書留の封筒にいれることは、葬儀マナーの違反ということです。
香典袋に関しては準備することが重要になります。
現金書留の封筒においては香典袋共々、お悔やみの言葉を記した手紙を同封することになります。
香典に関しては香典袋に入れるわけですが、手紙にあたってはそのままの状態で入れても葬儀マナーの違反ということではありません。
仮に、手紙を封筒に入れるケースでは、封筒の形には気をつけなければなりません。
二重封筒を用いてしまうと、葬儀において重なることは不幸が重なり合うことを思い起こさせてしまうため、マナー違反です。

Page Top