前へ
次へ

知っているはずの葬儀マナー

香典を渡す際には「ご愁傷様です」という言葉は葬儀マナーとして必要です。
返礼となる袋の中身は、礼状と香典返しの品が入っています。
弔問をしたら、受付係りから「会場はあちらになります」というように誘導してもらえますから、初めての葬儀・告別式でも安心です。
受付係りは、会場に出されている供花・供物もチェックし、供物控簿に記帳することも行います。
香典を預かる係りですから、会計帳も合わせて遺族の方に渡しますが、金額が金額です。
安心なのは喪主に確認しておくことですし、葬儀社に一報を入れておく、世話役に相談することが安心でき、渡す相手を決めておきます。
受付には色々な道具が並んでいます。
香典帳(芳名帳)、筆記用具、香典受けから返礼品などです。
たまに、芳名帳に記入したいのにインクが出ないペンを渡されることがあります。
返礼品の数が十分でなく、バタバタするシチュエーションも目にします。
葬儀マナーを知っていても、人生において早々にない儀式への参列ですから、事前確認は遺族側、参列側の双方で必要です。
どうしても葬儀に行くことができないのなら、弔電や供物、供花などで対応しても葬儀マナーに反しません。
送り主の名前は記帳されますし、葬儀社が祭壇に供えたり、弔電を読み上げてくれます。

Page Top